Mac

【Mac】US配列キーボードでControlとCaps Lockを入れ替える

MacのControlキーは作業効率をあげるのに必須なキーです。
US配列のキーボードを使う場合、Controlキーの位置が押しにくい位置にあります。
また、Caps Lockキーは使用頻度が少ないですが押しやすい「A」の隣にあります。
(日本語配列のキーボードはこの位置にあります)
そこで、使用頻度の低いCaps Lockキーと入れ替えることでControlキーの利便性を上げる方法をご紹介します。

ControlとCaps Lockを入れ替える方法

Macではアプリを入れることなく
CommandやControl、Optionといったキーバインドを変更することができます。 システム環境設定を開きます。
「キーボード」を選択しキーボード設定へ進みます。
右下の修飾キーをクリックします。
各キーの割り当て画面が開くので、
Caps LockキーをControlキーに
ControlキーをCaps Lockキーに割り当てます。
これでControlとCaps Lockを入れ替えることができました。

まとめ

US配列のキーボードを使用している方向けにControlキーとCaps Lockキーを入れ替える方法についてご紹介しました。
少し設定を変えるだけで普段の作業効率が上がるのでぜひ試してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です